撮 影 機 材 (2018年 11月12日現在)
 

 カメラにレンズ、買った以上満遍なく使おうとするが使い切っていない。また、高価なレンズ(大口径で明るい)ほど綺麗な写真が撮れるが、性能を十分引き出す腕がともなわずコストパフォーマンスは悪い。特にニコン派というわけでは無く、最初に購入した一眼デジカメがD100でレンズを揃えただけのこと。性能には十分満足しているが、同じような価格帯の機材はどこのメーカーも大差なしだろう。
   
●カメラ 
   
   
 D5  ここ一番、画像重視の気合を入れての撮影で使用しているが重いのが難点。
2016年3月31日入手 
   
 D850 高画素機の写りに期待して購入したが、D5とD500の中間ぐらいの写りで期待外れだった。
落として修理不能(ファインダーの視度調整が出来ず、フォーカス精度も不明)となったが写りに問題は無くファインダーも接眼補助レンズ装着で復活。今度壊れると廃却処分。

2018年4月8日入手 
   
 D500     10コマ/秒のAPS-C機、鳥撮影専用のメイン機として使用している。
2016年4月28日入手
   
 D7500 AFに写りはD500の流れに有り十分、軽いので手持撮影のメイン機として使用している
2017年8月18日入手
   
 V3 高速連写20コマ/Sが魅力、トリミングで拡大するとISO200ぐらいは我慢できるが、400になるとベタ感が気になる。
2014年4月17日入手 
   
●レンズ   
   
   
 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR 
                      
800mmf5.6とどちらにするか迷ったが、猛禽専科では無いのでカワセミでも使える600of4にした。使いまくるぞと言いたいところだが、重いので日常撮影での使用頻度は少ない。猛禽相手でここ一発決める時はこのレンズしかない。所持しているだけで野鳥撮影に余裕を感じるレンズである。
2016年2月26日入手
   
 AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 手持撮影でも三脚撮影でもこのレンズをメインに使用する。
2018年 9月14日入手
   
 AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 
                   
500of5.6PFの入手で出番は減ったが、軽量なので気軽に手持撮影が楽しめる。
2015年11月2日入手
   
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED  風景撮影用で奇麗な描写だが、風景撮影が減ったので出番は少ない。D5で風景を撮影する時に使用している。
 入手はかなり以前
   
 タムロン 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC
 HLD 
ブラブラ歩きや旅行の時に、咄嗟に鳥でも十分対応出来る万能レンズ。鳥や虫に少し離れた場所の花などを撮るのに
T端400oは便利である。400oの鳥撮影では難があるが、用途から考えて写りは十分。
2017年7月23日購入 
   
  1 NIKKOR VR 10-30mmf/3.5-5.6PD V3のキッドレンズ、コンパクトなので風景撮影に使用するつもりだが、風景でV3を持ち出すことは無く、お蔵入りの状態。V3を残す限り、このレンズも残す。 
   
●テレコンバータ   
 Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E U  300mm f/4E PFとの組み合わせで普通に使用出来る。写りはそれほど悪くならないように思うが、距離が遠いと歩留ま
りが少し悪い。距離が近いと問題無い。
600mmf4との組み合わせは、D5なら十分、D500でも使える。 
   
 Ai AF-S TELECONVERTER TC-14E V  2本                     300mm f/4E PFとの組み合わせで常用するためにUから買い替えた。違いはもうひとつ分からないが、新しい物ほど
良くなっているのだろう。600of4でも十分。
取付/取外しの頻度が多いのでもう1本購入 2018年10月11日
   
●コンパクトデジタルカメラ   
 COOLPIX S9900     25-750mmの高倍率コンデジ、家でのちょっとした撮影や出歩きにポケットに入れて持ち出すのには便利なカメラ。
   
●スピードライト   
  SB−800 以前は年に2〜3度使っていたが、今は使うことが無い。使うことが有るかもで、残している。
   
●三脚と雲台    
 GITZO GT3531とsachtler FSB8  600mmf4とたまにD5と150-600oで使用している。
 雲台は、ウインバリーのヘッドが壊れたので買ったが、動きが滑らかで飛ぶ鳥を追い易い。猛禽相手でこの雲台を使うと他の物は使う気がしない。
   
 GITZO GT2531とJobu design Jr3 500of5.6PFで使用している。
   
 

<鳥撮影での機材組合せ>

 気合を入れる時は大口径レンズの三脚撮影、日頃は手持ち撮影が多い。
   
● D5、D500、V3に600of4(+TC)、D850  三脚使用 
   主に猛禽だが時々カワセミ、他に遠征時に使用している。基本的にはTCを使用したくない派だが、猛禽などで距離が遠過ぎる
   時は1.4倍TCか1.7倍TCを付ける。V3は極たまに使用するが、大きく撮れるのと20コマ/秒の連写が面白い。
   レンズカバは、将来売るのは間違い無いので、レンズの外部の傷付き防止で付けた。
   


●D500、D5、D850と500mm f/5.6E PF  三脚使用 
 カワセミやハヤブサなどの猛禽を三脚で撮影する時に使用している。将来の三脚撮影はロクヨンからこのレンズメインとなるだろう。
 

●D7500、(D500、D850)と500oF5.6EPF  手持ち
 少し気合を入れての手持撮影でのメイン機材、少し重いがまだまだ手持ちで撮影出来る。
 

●D7500、D850と 300mm f/4E PF+TC-1.4V  手持            
  歩きでの鳥探索(カワセミや公園での五目撮りなど)のメイン機材、TC17U7を使用すると750oとなるので天気の良い日には
  魅力有り。TCを外せば大きくは撮れないが、近い距離では画質が良い。
   
 

●V3と 300mm f/4E PF)  手持            
  AF-C1点での810o撮影となるが、十分鳥を追いかけられるが写りはそこそこ。ISO160、200で使用したい。
  
 

★D7500とタムロン18-400o F/3.5-6.3
  何でも撮りのブラブラ歩きで使用する。高倍率ズームレンズ、400oでの鳥撮影の描写は何とか見られる 程度には撮れる。飛びも
  のはSSを速くしVR・OFFが良い。
  
 

<風景撮影での機材組合せ>

  手持ち撮影オンリーで三脚を使用することは無い。
 

●桜などの花や紅葉のシーズンで、気合を入れて撮る時はD5、D850と24-70of2.8

●普段のブラブラ歩きは、D7500と18-400o。