撮 影 機 材 (2017年 8月23日現在)
 

 カメラにレンズ、揃えに揃えたものと自分でも呆れる。買った以上満遍なく使おうとするが使い切っていない。また、高価なレンズ(大口径で明るい)ほど綺麗な写真が撮れるが、性能を十分引き出す腕がともなわずコストパフォーマンスは悪い。特にニコン派というわけでは無く、最初に購入した一眼デジカメがD100でレンズを揃えただけのこと。性能には十分満足しているが、他のメーカーと大差ないだろう。同じような価格帯の機材は、どこのメーカを使用しても大して変わらないと思っている。
これまでかなりの機材を買い替え、国産高級車1台分ぐらいにはなっている。今の生活は、状況に応じた機材で撮影するのが唯一の日々の楽しみ、車は移動手段に過ぎず高級車は不要、一回の投資と価値から考えると撮影機材は車より安い。
   
●デジタル一眼レフカメラ  
 D5  高感度にAFの向上、D4の初期不良(メディア挿入部蓋のガタガタ)がいつまで経っても気になり、株売却の高額臨時収入が有ったので、思い切って買い替えた。D4に比べ性能はかなり良くなっているが、普段使う用途ではD4でも十分だったとも思う。しかし、蓋のガタツキが無くなり使用時のフィット感が正常になり、精神的に気分よく撮影出来ている。
2016年3月31日入手 
   
 D800E  定年退職記念購入品、旧カメラの下取りと退職時に貰った商品券を使用し、数万の追い金で手に入れた。トリミングでかなり鳥を拡大出来るので、遠い猛禽では使い勝手が良いが、カワセミ水際など高速連写が必要な被写体では物足りない。D500の購入で鳥撮影での出番が無くなり、今後は主に風景撮影で使用する。
2012年年4月22日入手
   
 D500     待望の10コマ/秒のAPS-C機、高感度、AF、画像の綺麗さは十分満足。鳥撮影専用のメイン機として使用している。
2016年4月28日入手
   
 D7500 チョット撮影のサブカメラにD7200を使っていたが、通常使用では十分だったものの、鳥撮影でD500やD5に使い慣れるとトロさが気になり、また連続撮影枚数の少なさが気になっていたので、D7500に買い替えた。D7200に、これから使うことの無いと思うレンズ16-35of4と16-300oを下取りに出し、追い金無しの物々交換となる。
AFに写りはD500の流れに有り十分で、連続撮影枚数がD7200より増えたのも嬉しい。

2017年8月18日入手
   
 V3 AFの追従性、高速連連写20コマ/Sに魅力を感じ購入した。AFは予想以上の良さだが、ISOを上げるとノイズ処理でのソフト仕上がもろに現れベタ画像画像になるのが気になる。小さいセンサーの高画素機としては、良く仕上がっていると思うが、トリミングによる拡大が必須の鳥画像は、ISO400までは十分だが800になるともう一つというところ。トリミング無しの風景撮影では、かなり高感度まで使えると思う。
2014年4月17日入手 
   
●レンズ   
 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR 
                      
株売却の高額臨時収入で、500mmf4から思い切って買い替えたが、買い替えの価値は十分あった。800mmf5.6とどちらにするか迷ったが、猛禽専科では無いのでカワセミでも使える600of4にした。使いまくるぞと言いたいところだが、重いので日常撮影での使用頻度は少ない。猛禽相手でここ一発決める時はこのレンズしかない。所持しているだけで野鳥撮影に余裕を感じるレンズである。
2016年2月26日入手
   
 AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 
                   
鳥撮影では、焦点距離が中途半端で重かった328売却で、購入した鳥の手持ち撮影メインレンズ。軽量機材のお手軽撮影で主にカワセミ飛びものを撮るのに購入したが、猛禽でも使用可能が分かり、オオワシ、チュウヒ、ミサゴでも時々使用している。1.4倍TCを付けての撮影が大半だが、1.7倍TCでも歩留まりは落ちるが十分使える。
V3に使用すると810oのf4で使用できるが、V3は専用レンズの方がAFの追従性でマッチしている。写りはこのレンズの方が良い。
2015年11月2日入手
   
 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G
 IF-ED 
花のマクロ撮影のため購入したが、最近花だけ目的の撮影が少ないので、望遠の方が使い勝手が良く出番があまり無い。下取り対象レンズ
入手はかなり以前
   
 AF-SNikkor 80-400mm f/4.5-5.6G
  ED VR
鳥、花に風景と手持で一番多く使ってきたレンズだが、最近このレンズでも重く感じ出番が少なくなった。フォーカスは速くVRの利きも良い、今のカメラでは1.4倍テレコンを使用できるのも魅力。三脚使用となると持ち出しを躊躇してしまうが、カワセミの三脚撮影では、このレンズが一番使い易い。。
2013年3月3日入手(旧型からの買い替え)
   
 AF-S VR Zoom 28-300mm f/3.5-5.6G
 ED-VR
フルサイズ機での風景撮影メインレンズ。
入手はかなり以前
   
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED  風景撮影用で奇麗な描写だが、望遠側が70oまでしか撮れず使い勝手が悪いので、後に28-300oを購入した。
 入手はかなり以前
   
 シグマ150-600mm F5-6.3 DG OS HSM   Contemporary 購入時はD4(今はD5)との組合せてカワセミを高速連写するために購入した。気合を入れる時は600of4となるがカワセミでは滅多に持ち出すことが無く、日頃の撮影はこのレンズを使用している。D5での手持ちは少し重いが、D500、D7500では可能な600oレンズ。とは言え今の体力では、長時間の手持ちはは無理。価格から考えると写りも良く、コストパーフォーマンスの高いレンズである。ただ、600oとはいえ、遠い猛禽では描写がもう一つ、近くならOK。D500で連写コマ数が増えたので、カワセミでD5を持ち出す必要ない。D500での600oの写りは、カワセミではもう一つ、500oぐらいでの使用を考えた方が良さそう。
2015年5月28日入手
   
 タムロン 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC
 HLD 
ブラブラ歩きや旅行の時に、咄嗟に鳥でも十分対応出来る万能レンズとして購入した。
鳥や虫に少し離れた場所の花などを撮るのには、T端400oは便利である。400oの鳥撮影では難があるが、用途から考えて写りは十分。数年前までカメラ2台態勢で山歩きをしていたが、今ならこのレンズ1本で間に合うが、これから行くことがあるかどうか?
2017年7月23日購入 
   
 1 NIKK0R 10mmf/2.8 今は無いV1のキットレンズで写りは良いと思うが、27mm相当の単焦点レンズは用途が無い。
その内下取りに出す。
   
 1 NIKKOR VR 70-300mmf/3.8-5.6
                      
V3に装着して歩きでの野鳥探索、猛禽撮影のサブシステム用レンズとして購入した。この軽量超望遠システムがあれば10年先の野鳥撮影も安泰。            
   
  1 NIKKOR VR 30-110mmf/3.8-5.6 渓流釣りでの片手撮影に使用するため購入したが、今は一眼レフを使用するのでお蔵入り。
その内に下取りに出す。
   
  1 NIKKOR VR 10-30mmf/3.5-5.6PD V3のキッドレンズ、コンパクトなので風景撮影に使用するつもりだが、風景でV3を持ち出すことは無く、お蔵入りの状態。V3を使う限り、このレンズは残す。 
   
●テレコンバータ   
 Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E U  300mm f/4E PFとの組み合わせで普通に使用出来る。写りはそれほど悪くならないように思うが、距離が遠いとピンズレのボケ画像が多くなり歩留まりが悪い。距離が近いと問題無い。
600mmf4との組み合わせは、D5なら十分、D500でも使える。 
   
 Ai AF-S TELECONVERTER TC-14E V                       300mm f/4E PFとの組み合わせで常用するためにUから買い替えた。違いはもうひとつ分からないが、新しい物ほど良くなっているのだろう。
600of4でも十分、80-400oでも何とか使え、時々使用している。
   
 シグマ TC−1401       シグマ150-600mm での使用だが、D5にD500なら十分AFで使用出来る。
   
●コンパクトデジタルカメラ   
 COOLPIX S9900     25-750mmの高倍率コンデジ、家でのちょっとした撮影や出歩きにポケットに入れて持ち出すのには便利なカメラ。
   
●スピードライト   
  SB−800 以前は年に2〜3度使っていたが、今は使うことが無い。使うことが有るかもで、残している。
   
●三脚と雲台    
 GITZO GT3531とsachtler FSB8  600mmf4とたまにD5と150-600oで使用している。
 雲台は、ウインバリーのヘッドが壊れたので買ったが、動きが滑らかで飛ぶ鳥を追い易い。猛禽相手でこの雲台を使うと他の物は使う気がしない。
   
 GITZO GT2531とGITZO G2180   80-400o、150-600oで使用している。
雲台は軽量のものということで購入したが、D5と150-600oでも使えるが、荷重的に少し無理があるように思う。 
   
 

<鳥撮影での機材組合せ>

 元々大口径レンズ以外は手持ち撮影が多かったが、体力が衰え80-400oに150-600oは長時間の撮影耐えられなくなり、三脚を使うことが多い。
   
● D5、D500に600of4(+TC)  三脚使用 
   主に猛禽だが時々カワセミ、他にアカショウビン、ブッポウソウ等の遠征で待ちの撮影時に使用している。基本的にはTCを使用
   したくない派だが、猛禽などで距離が遠い時は1.4倍TCと1.7倍TCを付ける。
   レンズカバは、将来売るのは間違い無いので、レンズの外部の傷付き防止で付けた。
   
   
   
D5、D500、(D7500)にシグマ150-600mm 
  主にカワセミ撮影でD5の高速連写を活用するために使用する。D500に着ければ900o、カワセミでもこの焦点距離が必要な時があ
  る。猛禽では距離の遠いオオワシやイヌワシを除けば、ほぼ満足な結果が得られるが、カワセミではD500を使用すると何故か写り
  が気に入らない。他の鳥は問題無し。
  このレンズ使用時は三脚撮影が基本だが、手持ち撮影も十分可能な重さ。シグマ製TCも使用出来る。
   
   
D500、D7500に80-400mmf4.5-5.6        
  このレンズには、三脚使用ならD500、手持ならD7500を使用するつもり。これまでは手持ちが主体だったが、年とともに重く感じるよう
  になったので三脚の使用を多くする 。レンズカバーは、ズームにフォーカスリング部ゴムの劣化防止で、手で掴んで歩いていると劣
  化が酷く一度交換した。カバーを着けていれば問題無し。
 

●D7500と 300mm f/4E PF+(TC-1.4V)              
  これからの歩きでの鳥探索(公園での五目撮りなど)やカワセミでの手持ち一眼機材のメイにする。TC17U7を使用すると750oとな
  るので天気の良い日には魅力有り。  
 
    
    
●V3と1NIKKOR70-300mm、手持ちのお手軽撮影用       
  歩きでの探鳥全般、遠征でのサブシステム。カワセミ飛びもの(特に水際)では200o(540o)ぐらいで撮影すれば十分撮れる。
  他の鳥では、300o(810o)でそれなりに満足出来る撮影が出来ているが、一眼に比べれば画像は落ちる。高感度(ISO800ぐらい
  から)でベタ画像になるのが気にいらない。しんどい時のお手軽撮影には重宝。   
 

●V3と 300mm f/4E PF+(TC-1.4V)              
  AF-C1点での撮影となるが、意外に鳥を追いかけられる。専用70-300oより奇麗な画像が得られるが、フォーカス追従は1用
  70-300oより劣る。    
 

★D7500とタムロン18-400o F/3.5-6.3
  何でも撮りのブラブラ歩きで使用する。高倍率ズームレンズ、400oでの鳥撮影の描写は望遠レンズよりかなり劣るが何とか見られ
  る程度には撮れる。
 

<風景撮影での機材組合せ>

  手持ち撮影オンリーで三脚を使用することは無い。
 

●桜などの花や紅葉のシーズンで、気合を入れて撮る時はD5と24-70of2.8、少し気合を入れての撮り歩きはD800Eに28-300o。

●普段のブラブラ歩きは、D7500と18-400o。